太一×ケンタロウ 男子ごはんの本


太一×ケンタロウ 男子ごはんの本 (商品イメージ)
太一×ケンタロウ 男子ごはんの本

「オリンピックの身代金」奥田英朗孤高の作家・奥田英朗が、「昭和」という日本が最も熱を帯びていた時代を克明に描いた、渾身のサスペンス大作。番組のコンセプトメイクから、お互いへの思いまで、ふたりが番組制作秘話を語った1万字超えの超ロング対談も収録されています。
空想上の地下迷宮を探索するよりも五目あんかけかた焼きそばを上手に仕上げる方が冒険度は高い。伝説の名著『板谷バカ三代』、満を持して続編を刊行。」辻元清美「いつかパラソルの下で」森絵都「野性時代 青春文学大賞」「女王様と私」歌野晶午「ツキコの月」伊集院静「脳のなかの幽霊、ふたたび見えてきた心のしくみ」V・S・ラマチャンドラン「運のいい人にはワケがある。
「覚悟のすすめ」金本知憲阪神を強くした金本の、肉体、精神力、リーダーシップに迫る。初心者にも分かりやすい四季の”男子レシピ”ほか、爆笑トーク集、ロング対談等も収録した充実の一冊。TOKIOの国分太一&料理家・ケンタロウが自然体でおくる料理番組が、放送開始一周年を記念し待望の書籍化。
いま最も注目を集める新鋭・道尾秀介が満を持して送り出す、初の連作短編集。「なーたんの好きな人が、よく眠れますように」中村航こんなに人を好きになったことはあったそうですか?実力派作家が挑む、今年最高のラブ・ストーリー。
PR

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック